• このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で人と比較されること、劣等感や恐怖から逃れたい 人の能力を最大限に引き出すには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

仕事で人と比較されること、劣等感や恐怖から逃れたい
人の能力を最大限に引き出すには

「あなたの親友は誰か」という質問に対し、ヘンリー・フォードは
「自分の最良のものを引き出してくれるのが、真の友人だ」と答え
たそうです。

人と人との関係において、「人の能力を最大限に引きだす」こと。
友人だけが引き出してくれるのでしょうか。家庭や職場、学校でも
あなたの能力を引き出してくれる人はあるでしょうか。

例によって、おへそが曲がっているタッタくんは、私は誰かの能力
を最大限に引き出すようなことをしたことがあるのだろうか。私に
それができるのだろうか。と自問してしまいました。
あなたには、こんな経験はありませんか

■あの人はできたのに、私はできない
■あの人にできたことが、なぜあなたにはできない
■お前のせいで○○が失敗した、受注できなかった

こんな時って、劣等感がつのりますよね。

「いい加減覚えろよ!」といわれながらも、
私は、こんなの覚える必要はない!
マニュアルがあるんだから、
一つ一つ手順を確認することが大切なのに・・・

これは違うと思いつつも、手取り足取り教えてくれた同僚に感謝
しつつ、自宅で必死に手順を暗記する私。
馬鹿馬鹿しいと思いながらも、仕方なしに。
(覚えてもすぐに忘れることになるのですが・・・)

そういえば、私、思わず
「こんなこともできないようじゃ、お前なんかいらない!」って、
叫んだことがあったような気もします。

反対に、仕事の課題を出すと喜々としてやってくれたこともあり
ました。

■課長や所長、支社長 etc に昇進した喜びも吹っ飛ぶ経験

異動先で、周りから、前の○○と比べると今度の○○はできない、
使えない。
同様に、上司から言われる。前の○○と比べるとお前は・・・と。

そんなとき、古参の冴えないおじさんが声を掛けてくれる。
気にすることはないよ。
そして、仕事の勘所を教えてくれる。

そんな人いない!いなかった!
という声が聞こえてきそうです。

▼反対に、入社3年前後の支店長やマネージャーの場合
会社が急成長中なので、20代で管理職に登用される。

パートのおばさんやおじさんに、大学時代のノリで仕事を依頼、
指示 etc して大顰蹙。

なぜ動いてくれない!?

おばさんやおじさん、大人なので、言われたことを淡々とやるの
みです。
ましてや、言われたことをやっていて、叱られたときには。

だから、時給750円や800円なのです。
パートのおばさんやおじさんの悲鳴が聞こえてきそうです。

大学時代のノリやイケイケでは、年寄りはついてこないのです!
相談したいエリア・マネージャーはせいぜい月に数回訪問、それ
も1~2時間程度の滞在。

やがて彼らも悲鳴をあげる。

これを乱暴に一言で片付けると、「コミュニケーション」の問題です!

そこでタイプ分けコミュニケーション・モデルが出てきます。
DiSC や エニアグラム、この他にもあるでしょう。

これらタイプ分けを使ったリーダー研修が行われています。
私の専門であるコーチングを使ったコミュニケーション研修やリ
ーダー研修も盛んに企業内で開催されています。
でも、人の能力を最大限に引き出すまでには至っていませんよね。
なぜなのでしょう。

続きは、次回で>>>

The following two tabs change content below.
人生後悔のない航海へ!自分らしく、豊かに幸せに生きる!をテーマに、あなただけの“らしんばん”を手に仕事や人生を最高価値に生きるコンサルティングをしています。あなたのできないをできるに変える専門家。 1958年生まれ 水瓶座 仙台電波工業高等専門学校電波通信学科卒業 ■特技・資格: ディマティーニ・メソド・ファシリテーター,  マスターNLPプラクティショナー(ITA認定),  NLPコーチ(マイケルボルダック認定),  ブザン公認マインドマップ・インストラクター(TLI),  プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル (米国PMI認定 PMP)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加