• このエントリーをはてなブックマークに追加

否定の言葉がでたとき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

価値観とは望む状態のことです。
この望む状態を明確にすることです。
と先日書きました。

ところで、自分の価値観をいつも尊重できるでしょうか。

「でも、本当にできるのだろうか。」
「怖い・・・。」
否定の言葉や考えが出てきませんか。

さらに、追い打ちをかけるように
家族や友人、
まわりが猛反対したとき・・・
なぜ、それなの(その仕事)?
世の中そんなに甘くない!
夢だけでは飯は食えない!現実を見ろ!
汗水垂らして稼ぐことが大切だ!
etc
孤立という恐怖も加わると・・・

「否定する」ということは、
決して悪いことではないそうです。
人間の生存本能がそうさせるのだそうです。
危険回避の本能なのでしょうね。

では、どうするか。
否定の言葉が1つ出たら、
3固、4個と肯定の言葉を思い浮かべること、
口にすることです。

『羅針盤』を手にしていざ往かん!

顔を上げ、前をしっかり見て、
笑顔、笑顔
うつむいていたら、笑顔は作れませんよ。

The following two tabs change content below.
なぜ、わからない、わかってくれない、わかろうとしない。 私の性格に問題があるのか。はたまた伝え方に問題があるのか。 悩みながらの会社生活を経て、 「自分らしく、豊かに幸せに生きる」 「仕事で最高のパフォーマンスを発揮する」 人生を最高価値に生きるをコンサルティングしています。 1958年生まれ 水瓶座 仙台電波工業高等専門学校電波通信学科卒業 ■特技・資格: バリュー・ファクター・ファシリテーター/ ディマティーニ・メソド・ファシリテーター/  マスターNLPプラクティショナー(ITA認定)/ NLPコーチ(マイケルボルダック認定)/ ブザン公認マインドマップ・インストラクター(TLI)/ プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル (米国PMI認定 PMP)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加