• このエントリーをはてなブックマークに追加

人生に無駄なことなど一つもない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【人生に無駄なことなど一つもない】
~ 病気も不幸も ~ すべて意味がありましたね。
無駄なことは一つもなかった ~ 。
老いの冒険 曾野綾子著 の一節なのですが。

20代の頃から、「無駄の効用」を良く口にしていました。
ここでの無駄は、おこがましいようですが「主に学問」。
勉強についてです。
大学受験に必要ない科目は勉強しない!
ではなく、勉強に無駄などないのだ!
という姿勢です。

あの頃の私は、周りにどんどん置いていかれる惨めさ、恐怖がありました。
インターネットで書籍が自由に入手出来ない時代。
コンビニなんてない時代。
大学がない小さな町では専門書など入手不可。
入手まで、書店に注文してから最低2週間かかった時代。

同級生は最先端の仕事をしている。
電子計算機(当時はコンピュータとは言わなかった?)であったり、
宇宙開発であったり。
私はというと6年もの間、誰も行きたがらない職場に捨て置かれ・・・。

そんな中、なぜか「英語」の勉強でした。
英字新聞や英語の月刊誌を購読したり、
さらに、たまたま都内に転勤になり英会話学校に通うことに。
それがやがて、日本を飛び出し3年間もアフリカへいくことになるのです。
3年間の在外勤務のうち、約1年は兄弟そろってアフリカにいた時期もありました。
兄弟そろってアフリカ!
私は、スーダンで経済協力を、
弟はケニアでフンコロガシ(スカラベ)の研究。

私は別に、在外勤務を目標に英語の勉強をしたかったわけではないのです。
とりあえず、仕事に必要とされる国家資格を取得したので、次は何?
二度と国家試験は受けない!試験などまっぴら。
とりあえず、何か勉強をしたかった。
それだけだった。
あわよくば、英語で身を立てよう・・・、
という気持ちが少しはありましたが。そんなのは淡い期待。

簡単な英会話がやっとこさの私が、アフリカの地で苦労することになるわけです。

30年以上前、端から見たら英語など仕事で使うはずもない職場。
そんな職場で、なぜ英語だったのだろう?
無駄とも思える英語・・・。
無駄だと思えることでも、役立つこともある。
いつ、どこで、どのような形で役に立つのかはわからない。
ただ、何も考えず、やりたいからやる。
面白そうだからやる。

そんなことの一つや二つ、あっても良いのでは。
というわけで、未だに面白いこと、わくわくすることを
追い求めている私です。

人生これからだあ~

The following two tabs change content below.
人生後悔のない航海へ!自分らしく、豊かに幸せに生きる!をテーマに、あなただけの“らしんばん”を手に仕事や人生を最高価値に生きるコンサルティングをしています。あなたのできないをできるに変える専門家。 1958年生まれ 水瓶座 仙台電波工業高等専門学校電波通信学科卒業 ■特技・資格: ディマティーニ・メソド・ファシリテーター,  マスターNLPプラクティショナー(ITA認定),  NLPコーチ(マイケルボルダック認定),  ブザン公認マインドマップ・インストラクター(TLI),  プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル (米国PMI認定 PMP)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加