• このエントリーをはてなブックマークに追加

宝くじと3.4/100万(品質のおはなし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

私の知り合いが「年末ジャンボ7億当てたら・・・」
どうやら当たらなかったようですが。
今度は、「グリーンジャンボで5億当てたら、リタイアだあ~!」と宣うので、
私は、「その金額を稼いでからリタイアでしょう。」と返信した次第。
FB(フェースブック)での会話です。

ご承知のとおり、宝くじの当選確率を計算すると、結論は買わない方が良いことになります。
今年のグリーンジャンボの場合、1ユニットの発行枚数は、1億7000万枚です。
うーん、でも、買わなきゃ絶対に当たらないし。
悩みどころですなあ~。

さて、3.4/100万のお話です。
お察しの通り、シックス・シグマ(6Σ)のことです。
品質のお話です。
品質は顧客から始まる(VOC:Voice Of Customer)の言葉通り、顧客満足を向上するためには、製品やサービスのバラツキをなくす必要がある。そのためには、プロセスを改善すること。
この手法が、日本の品質管理手法(QC / TQC)をモデルにし、さらに統計手法を加えて体系化しているとは驚きです。

さらに、ムダをとる業務改善、リーン、を取り入れると、リーン・シックス・シグマになります。リーン、すなわちムダ取りは、トヨタのお家芸のはず?です。
リーン・シックス・シグマを学ぶと、「間接部門こそ、リーン・シックス・シグマを!」ということになります。たぶん・・・
業務改善の例題としては、「遅刻」をいかになくす(減らす)かが良く取り上げられています。
日本の場合、電車やバスの公共交通機関を利用することを前提に考え、一方、アメリカの場合には、特に指定していないので、たぶん自家用車を想定しているようです。こんなところにもお国柄が出ています。

このリーン・シックス・シグマ、国際標準(グローバル・スタンダード)のISO13053になっているのですね。
ISO9000の次は、これかあ~。
どこまでやればいいのか。
終わりはなさそうです。

ものつくりやサービスの手法と思われがちな(リーン・)シックス・シグマですが、ITとは相性がよいのでしょうか。
ソフトウエアの品質マネジメントでは、上流工程から作り込むことが肝要ですよね。ソフトウエア・ライフサイクルにおいても、プロセスの明確化が大切ということになります。
シックス・シグマをプロセスの明確化と置き換えると、使えそうですね。
もちろん、ソフトウエア開発用にカスタマイズは必要でしょうが。

10分(15分でも良いのですが)、1,000円の床屋さんへ行ったとします。
他のお客様がそれぞれ何分で、平均では10分です。では、私は何分なのでしょうか?
お客である私は、他のお客様が何分であろうと関係ないのです。私は何分なの、10分で終わるのですね。
この確率がいくつなのか。
この3.4/100万の目標が、高すぎるのか、低すぎるのか、改善対象によって異なると思いますが、皆さんはいかがでしょうか

The following two tabs change content below.
人生後悔のない航海へ!自分らしく、豊かに幸せに生きる!をテーマに、あなただけの“らしんばん”を手に仕事や人生を最高価値に生きるコンサルティングをしています。あなたのできないをできるに変える専門家。 1958年生まれ 水瓶座 仙台電波工業高等専門学校電波通信学科卒業 ■特技・資格: ディマティーニ・メソド・ファシリテーター,  マスターNLPプラクティショナー(ITA認定),  NLPコーチ(マイケルボルダック認定),  ブザン公認マインドマップ・インストラクター(TLI),  プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル (米国PMI認定 PMP)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加